TOP > 愛写館 近鉄あべのハルカス店 > 【成人式振袖】半襟ってどんなもの?色や柄の種類を紹介

店舗情報Store愛写館 近鉄あべのハルカス店近鉄あべのハルカス店

【成人式振袖】半襟ってどんなもの?色や柄の種類を紹介

2018/11/27

【成人式振袖】半襟ってどんなもの?色や柄の種類を紹介
 


成人式になくてはならないものといえば振袖ですが、成人式に初めて振袖を着るという方も少なくないはずです。そのため、いざ振袖を着るために必要なもののリストを見ると、知らないものだらけ、なんてことも少なくありません。

中でも一番困ることの一つが、半襟です。
今回はそんな半襟を取り上げ、特徴や伊達襟との違いなどについて解説。色や柄の種類とあわせてご紹介します。

■半襟とはどんなもの?
 

半襟とは、振袖の下に着る長襦袢の襟部分に縫いつけるもののこと。中に襟芯を入れ、首元から胸元にかけてきちんとした印象に整える役目があります。

本来、半襟は振袖に汚れがつくのを防ぐためのものですが、表から見えるため、着物と肌の間で控えめに主張し、主役である振袖の色や柄を際立たせる小物としての役割があります。

どんな半襟をつけるかによって顔映りが大きく変わってくるため、小物の中でも極めて重要なアイテムとして位置づけられています。つまり、どんな半襟を選ぶかによって振袖の着こなしが大きく変わってくるといえるでしょう。

着付けをプロに依頼する場合は、長襦袢に半襟を縫いつけた状態でお願いするのが常識となっています。着付けサロンや美容院などから「長襦袢には半襟をつけてお持ちください」と指示される場合は、必ずその日までに半襟を縫いつけておきましょう。

ちなみに、半襟がはじめから長襦袢に縫いつけられていない理由は、またすぐに取り外すことを想定しているからです。肌に直接触れるものですから、一度着用しただけでも汗や皮脂汚れ、整髪剤などによって汚れるのが普通。
1回ないしは2回ほど着たら縫い目をほどき、取り外して洗濯するのが一般的です。

半襟のつけ方なんてわからないという場合もご心配なく。初めてであっても自分で半襟をつけられるようなグッズもありますし、動画サイトなどで半襟のつけ方について詳しく解説している動画もあります。ぜひチェックしてみるとよいでしょう。

着物レンタルであれば、長襦袢と半襟をセットで借りられる場合がほとんどですが、半襟がセットかどうか、半襟が長襦袢に縫いつけられた状態で借りられるのかどうか、事前に確認しておくのがおすすめです。


■半襟と伊達襟の違いとは
半襟と似た役割を果たすアイテムとして、伊達襟があります。幅は10cmから12cmほどで長さが1m20cmから1m30cmぐらいが一般的。裏地がついた二重の長方形の形をした布です。
半襟と伊達襟の違いは、半襟が振袖を着る上で必需品であるのに対して、伊達襟が必ずしも必要ではないということです。

半襟が長襦袢に縫いつけて使用するものであるのに対して、伊達襟は長襦袢には縫いつけません。半襟に比べて厚手の丈夫な生地で作られていることが多く、振袖と半襟に挟まれてもきちんと主張するよう、艶感のあるビビッドな色が少なくありません。
その意味では、半襟にもまして振袖の着こなしの決め手になるアイテムといえるでしょう。

長襦袢を着たあと、ビスチェのように首にかけて使用し、まるでもう一枚重ね着しているかのように見せることができるというわけです。重ねて装着するため、重ね襟と呼ばれることもあります。

先ほどから述べているように、半襟には振袖を汚れから守るだけでなく、装いを華やかに見せてくれる効果があります。しかし、そこに伊達襟をつけることで、もう一つ色が加わり、よりいっそう華やかさが増すというわけです。

着物と半襟だけでも色合わせが難しいのに、さらにその間にもう一つ色を差すということは、うまくコーディネートするのは至難の業です。よほど振袖を着慣れている人ならまだしも、成人式に初めて袖を通すという方にとって、うまく伊達襟を選ぶのはかなりハードルが高いと思うことでしょう。

伊達襟は好きな色を選ぶのではなく、基本に従って合わせる帯揚げや帯締めとトーンを統一し、帯に使われている色の中から選ぶのがおすすめです。振袖は、使用する色が多くなりすぎると気品が損なわれる恐れがあるので、全体のバランスを考えた色選びをするのがよいでしょう。
派手すぎず、フォーマルな場にふさわしい着こなしになるはずです。

また、半襟を縫いつけるのが面倒だからといって、半襟を伊達襟で代用するのはNGです。伊達襟はあくまで半襟の上につけるものだと心得ましょう。


■半襟の種類とは



半襟にはさまざまな種類があります。白無地のもの、色無地のものはもちろん、友禅もあれば刺繍が入ったものもあります。刺繍に関しても、ビーズやスワロフスキー風のパーツを縫いつけてより立体的に仕上げたものなど、実に多彩です。

好みの色を選ぶのもいいですが、どのようなスタイルを希望するかで決めるのがおすすめです。たとえば、上品な雰囲気をまといたいなら、白地のものや淡いカラーのものが最適。刺繍が入っていてもOKです。

また、全体の印象を引き締めたいなら、濃い色をベースに刺繍が入ったものが一押し。顔回りの表情を引き締めてくれます。

明るく華やかな雰囲気にしたいなら、明るい色の生地を選ぶのがよいでしょう。

そして、振袖の色や柄を際立たせたいなら、白の襟がおすすめ。顔映りもよくなるといわれています。


■まとめ
振袖にとって、汚れを防ぐためにもよりおしゃれに着こなすためにも半襟は欠かせないアイテムです。

小物一つで装いが驚くほど変わるのが振袖。なりたい雰囲気に合わせて選ぶことで、一生に一度の思い出を素敵に演出してくださいね。

ご予約・お問合わせスタジオ愛写館へのご予約お問い合わせは…