TOP > 愛写館 東大阪若江店 > 成人式前撮り撮影とおすすめプロのメイクなどの紹介

店舗情報Store愛写館 東大阪若江店東大阪若江店

成人式前撮り撮影とおすすめプロのメイクなどの紹介

2018/11/29

成人式前撮り撮影とおすすめプロのメイクなどの紹介


 
成人式の思い出を残すために、写真館で写真撮影をするのは古くから行われてきましたが、近年では成人式当日ではなく、事前にスタジオで撮影する「前撮り」が一般的です。そして、成人式当日には、お友達と成人式会場近くでスマホで撮影する機会もできます。

今回は、やっぱりプロに撮影してもらうポイントと、撮影で映えるメイク術についてご紹介します。

■前撮り撮影のポイントってあるの?
最近は、スマホの進化により、成人式の撮影もご自身で簡単に撮れるようになりました。
当然ご自身や家族の方に撮影してもらうことも問題はないのですが、やっぱりプロに撮影してもらうことをお勧めします。

写真館のスクリーンをバックにした写真は、スタンダードな型物写真のものが多く古臭いと感じるかもしれません。しかし何年もかけて振袖が素敵に綺麗に見えるポーズの研究がされてきました。その結果、振袖の撮影の立ちポーズなどは生まれました。それが型物といわれる写真スタイルです。

最初は、どうしても緊張しますが、カメラマンやアシスタントのトークで緊張もすぐにほぐれて表情が柔らかくなり、よりいい写真が撮れることもプロのスタジオが人気の秘密です。また、最近では、ナチュラルテイストの映像表現も増えてきています。
お嬢様の一瞬に表情を撮影し"煌めき""輝き" お客様から発せられる一瞬の表情、最高の表情をお客様の大切な思い出の1ページに刻み込みたい。との思いで私たちは常日頃お客様と接しております。是非、スタジオ撮影を体感してください。

■前撮り撮影の手順
前撮り撮影は、スタジオでプロのカメラマンやプロのヘアメイク・着付けスタッフのするスタ時をで行いましょう。撮影をする際は、次のような手順を踏んで行います。

・希望する日時を指定して予約を入れる
・当日着付けとヘアメイク・着付けをして撮影
・撮影後スタジオで、撮影した画像選び
・撮影データやアルバムを後日に受け取る、または郵送してもらう

振袖は、レンタルから着付けまで含まれている振袖レンタルフルパックプランや、自分の振袖を持ち込んで着付けをしてもらうプランなど、さまざまなプランがあります。
また、振袖レンタルのキャンペーンによっては、和装振袖のスタジオ撮影だけでなく、洋装ドレス姿でスタジオ撮影できるプランなどもあります。
写真データやアルバムなどの枚数でも料金に差があるので、最適なプランを選びましょう。

■振袖メイクのポイント


 
普段のメイクでは振袖に負けてしまうので、いつもより華やかなメイクにすると相性がよくなります。メイクを美容師などに頼む場合と、セルフメイクする場合のポイントを踏まえ、振袖に映えるメイクを作りましょう。

◇メイクを頼むならイメージを伝える
前撮りのロケーション撮影をする場合、メイクはプロにお任せすることが一般的です。人に任せると普段のメイクとは違った印象になることも多く、メイクが気に入らないとせっかくの撮影なのに気分が乗らなくなってしまいます。

それを防ぐためには、「どのようなイメージにしたいか」を明確にしておくことがポイントです。イメージするメイクの参考資料として、雑誌の切り抜きや画像などをメイクさんに見せると具体的で分かりやすくなります。

また、撮影中に崩れないようにベースをしっかりと作るので、自分でメイクするよりも任せた方が写真の仕上がりがキレイになります。普段は簡単なメイクしかしない方は、プロの技術を借りると華やかなメイクを施してくれるので、振袖がより映える顔に変身できるでしょう。

◇セルフの振袖メイクに必要な3つのポイント
セルフメイクは自分好みの顔になれる一方、普段とは違ったポイントを意識する必要があります。そのポイントとは、「ベースはセミマットかマット肌、顔の立体感を作らない、ポイントメイクはリップとアイメイク」の3つです。

ベースメイクはツヤがあって光る肌よりも、セミマットやマットな仕上がりにするのがコツです。いわゆる「陶器肌」を目指す、というと分かりやすいでしょう。
ベースの色は肌に近い色を使い、首元も一緒にメイクをするのが振袖メイクの重要なポイントです。また、メイク崩れの予防として、フェイスパウダーも合わせて使いましょう。

そして、顔に立体感を作らないようにするとアイメイクやリップがより映えるので、ノーズシャドウやシェーディングは必要ありません。振袖は日本人らしい平面的な顔と相性がいいので、ベースメイクだけで十分なのです。

振袖メイクのポイントとなるアイメイクは、切れ長な目になるよう、アイラインで目元を強調するとはっきりした顔になります。アイシャドウは振袖の地色と合わせると、一体感が出るのでおすすめです。

眉毛はナチュラルなカーブで濃い目に描くと同時に、眉尻を長めに描くと、髪をアップした時にバランスがよくなります。眉が細く短いと顔が広く見えてしまうので、おでこを出す方は注意しましょう。

リップは鮮やかな赤や濃い目のピンク、オレンジなどがよく似合います。振袖に合わせる場合は、自分の唇よりも少し小さめに塗ると、いわゆる「おちょぼ口」になることで古風な印象になります。

■スタジオ撮影の注意点

◇撮影時期はいつがいいの?
写真館スタジオの忙しい時期は、春には卒業式写真・入学写真などがあり、秋には七五三写真などのイベントが盛りだくさんです。
一年中写真撮影はできるのですが、できることなら、ゆったりと満足のいく撮影をするために混みあう時期は避けたいものですね。

◇春や秋は、子供撮影で写真館は大変混みあいます
最近では、振袖レンタルの時期もどんどん早くなってきていまので、いつしたらいいのとのご質問をよくされます。振袖撮影でおすすめの時期は、夏前の、お嬢様が日焼けする前にどうですか?とお答えします。5月のゴールデンウイークから秋までの時期に、成人式振袖前撮り撮影をよくご案内します。
秋の時期は、七五三撮影などと一緒に込み合う中での撮影になりますし、冬の時期は、成人式前撮りの予約が混み合っていますので、さらに撮影日が後日にずれてしまう可能性もあるので注意が必要です。早い時期の撮影をお勧めします。

■まとめ
前撮りで撮影をする時期と、振袖に合うメイク方法についてご紹介しましたが、いかがでしたか?写真館スタジオのカメラマンは、一瞬の表情のシャッターチャンスを見逃しません、ご自身が撮影するのと違い、プロカメラマンに撮影してもらうことでより美しい振袖姿を写真に収めることができます。

また、メイクをプロに任せる場合は、参考資料を用意すると失敗を防ぐことができます。セルフメイクをする場合は、振袖に合うメイクを意識しましょう。
一生の思い出になる成人式の写真を納得のいくものにするために、是非とも成人式振袖写真は、前撮りすることをオススメします。

ご予約・お問合わせスタジオ愛写館へのご予約お問い合わせは…