TOP > 愛写館 東大阪若江店 > 成人式の振袖に合うショールレンタルについての紹介

店舗情報Store愛写館 東大阪若江店東大阪若江店

成人式の振袖に合うショールレンタルについての紹介

2018/11/29

成人式の振袖に合うショールの種類やレンタル値段を紹介

 

成人式に参加する女性や成人式の映像を見ると、首元に白いファーのショールをかけている人がほとんどです。
白のファーショールは成人式の定番小物といっても過言ではありませんが、中にはショールを付けないという人もみられます。

ここでは、ショールの役割やファー以外のショール、レンタルした場合の相場金額などについて紹介していきます。


■ショールの役割とは
 
成人式が行われるのは1月の半ばに差しかかるころで、寒さも厳しくなります。
めったに雪が降らない地域でも、成人式の頃には雪が降るというケースが少なくありません。

振袖は、その下に襦袢など重ね着をしているため、それほど寒くないのでは?と思うかもしれません。
ところが、ヘアスタイルは振袖に合うように襟足を出したアップスタイルにすることが多く、首元に冷たい風を受けるとかなり冷え込みます。冬の外出時にはコートやマフラーなどで防寒対策をしますが、振袖に普段身に付けているコートやマフラーが合うとは限りません。

そこで、振袖に合う防寒具としてショールを身に付けるのです。

しかし、中にはボリュームのあるショールを身に付けると、全体のバランスが悪くなるという意見も聞かれます。
たしかに、ショールの選び方を誤ってしまうとスタイルが悪くみえてしまいますが、防寒対策のためにもあったほうが便利です。ですので、自分の振袖に合ったショールの選び方を知っておくとよいでしょう。


■ファー以外にもおすすめのショールはある



白のファーショールは、どのような色柄の振袖にも合わせやすく、顔周りを華やかにしてくれるアイテムです。
そのため、成人式では白のファーショールが定番になっていますが、ほかの色や素材のショールを合わせても問題ありません。

◇ファーの種類
ファーショールで使われているファーにもいくつかの種類があり、毛の短いショールは振袖との相性は抜群です。
ふわふわと手触りもよく、エレガントな雰囲気を持ち価格もリーズナブルで、カラーバリエーションも豊富なのがメリットです。
ただし、耐久性の面ではほかよりも劣りますので、お手入れや取扱いには十分注意が必要です。

そして、ボリュームがあってゴージャスなのがブルーフォックスファーです。
毛足が長くさわり心地はいいのですが、ハリのある毛ですので、チクチク感が苦手な人にはおすすめできません。
ボリュームがあって豪華な反面、振袖に合わせるときは全体のバランスをよく見てから身に付けないと、首回りだけボリュームが増大してしまいます。
また、変色しやすく扱いには注意が必要ですので、適切なお手入れを行ってから保管するようにしましょう。

◇白以外のファーショール
白いファーショールだと、みんなとかぶって嫌だという人にはカラーショールがおすすめです。たとえば、グレーはさまざまなタイプの振袖にも合わせやすく、ほかの人ともかぶりにくいでしょう。

黒のショールは、全体をグッと大人っぽく高級感のある雰囲気に変えてくれます。
ショールに合わせてバッグや草履もきちんと感のあるものを選ぶと、コーディネートに統一感が生まれるでしょう。
また、黒やグレーといった落ち着いた色のショールを合わせるときは、着物の色や柄とのバランスも考えることがコーディネートのコツです。

ベージュは顔周りをパッと明るくしてくれる色です。
和装だけでなく洋装にも使える色ですので、1本持っているとさまざまなフォーマルシーンで活躍してくれるでしょう。

さらに、ピンクも振袖に合う色のひとつです。
赤やピンクといった同系色の振袖だけでなく、ブルーやグレーといった寒色系の振袖とも意外と合います。
小物や髪飾りなども同系色でまとめると、統一感のあるコーディネートにすることができるでしょう。

◇ファー以外の素材
ファー以外にも振袖に合う素材がいくつかあります。
たとえば、ベルベッドもそのひとつで、実はファーよりも以前は、ベルベッド素材が成人式で使われるショールの定番素材でした。

適度な光沢と柔らかい肌触りがゴージャスさを感じさせる、ベルベッド素材のショールを選ぶことで、レトロなコーディネートを作れるでしょう。
カラーバリエーションも豊富ですので、振袖の色やなりたいイメージに合わせて選ぶことができます。

また、振袖とよく合うカシミヤショールは、普段使いやドレスなどにも合わせられるアイテムです。
大判でも軽くて暖かいので、首に巻いたり広げて羽織ったりと使い方の幅も広がります。

このほかにはレースや刺繍をあしらったショールがありますが、髪飾りに引っかかりやすいため成人式ではあまりおすすめできません。


■ショールをレンタルした場合の値段相場とは
成人式後に使用する機会が少なければ、成人式のためにショールを買うのはもったいないと思うでしょう。
そのようなときは、ショールをレンタルするという選択肢もあります。

振袖をレンタルフルセットプランには、バッグや草履、ショールまで全て一式で借りることができるプランがあります。
また、ゴージャス感を出したいときは、フォックスショールをレンタルすることもできますが、相場は30,000円からと少し高くなります。
追加料金などでブルーフォックスなどのレンタルもできますので、周りと差を付けたい人は検討してみましょう。


■まとめ
寒い時期に行われるからこそ、防寒対策のためのショールは成人式のマストアイテムだといえるでしょう。
白のファーショールが定番だと思われていますが、白以外のファーやファー以外のショールを合わせることもできます。
また、あえて購入せずにレンタルすることも可能です。

身に付ける振袖やイメージに合ったショールを探して、成人式コーディネートを楽しみましょう。

ご予約・お問合わせスタジオ愛写館へのご予約お問い合わせは…